2015年6月の記事の一覧 脇田歯科

2015年6月の記事一覧

ブラッシング方法の難易度について

更新日:2015/06/30

こんにちは。歯周病と虫歯の予防を重視する、一宮市の歯医者「脇田歯科」脇田成典です。

バス法、スクラビング法、スティルマン改良法など、専門的に確立されたブラッシング方法は、そのとおりに適切に実践することができれば、どれも効果的であると思います。それまで自分で行っていたブラッシング方法にとらわれて、新しい概念を取り入れることができない場合は、どのようなブラッシング法であっても新たに適切に実践することは困難ですから、この場合は除外しますが、新たなブラッシング法を取り入れようとチャレンジする場合に問題になることは、「適切に実践できるかどうかの難易度」であると思います。脇田歯科で頻繁に遭遇するケースは、歯周病対策を頑張ろうと思われた方が、CMでよく見かける「極細毛の歯ブラシを使用して、歯周ポケットに毛先を入れるブラッシング」を試みたが、適切にできなかったケースです。率直に申し上げて、この方法を実践するにはテクニックが必要で、このブラッシング方法は、非常に難易度が高く、上級者向けの方法です。最高難度と言っても過言ではないとさえ、個人的には思います。それに比べて、お口の健康ネットワークで推奨している「つまようじ法ブラッシング」は、自分の行動を変えることができる方であれば、ある程度までは容易に実践でき、ある程度実践できれば、短期間で歯ぐきの変化を体感でき、かつ、継続しやすいですから、難易度は高くないと思います。やる気の方なら、短期間で変化を実感しやすいブラッシング方法で、多くの方が、早めに歯周病対策をしていかれることを、願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。