2014年9月の記事の一覧 脇田歯科

2014年9月の記事一覧

部分入れ歯を一宮市でお考えの方へ

更新日:2014/09/15

一宮市の歯科医院「脇田歯科」では、虫歯や歯周病の予防を最優先に考える治療を行ってきました。 虫歯で痛い思いをすることなく、歯周病で辛い思いをすることなく、健康的な歯をいつまでも維持できるように、何より先に予防が第一と考えています。

それでも、虫歯や歯周病で治療が必要な患者さんはいます。 脇田歯科では、歯に対して、歯を削らない・歯の神経を取らない・歯を抜かない治療を目指していますが、重症化してから歯科治療を受けようとされる方の場合、残念ながら歯を抜かざるを得ない場合もありますので、その後の対処として部分入れ歯治療を行う場合も出てきます。

当歯科では、部分入れ歯治療として、金属のばねを使用していない、弾性のある樹脂を使った部分入れ歯治療をお勧めしています。 他の歯に金属のばねを引っ掛けるタイプのものと違い、見た目もどこが部分入れ歯なのか、わかりにくいのが大きな特徴です。 また、見た目の良さばかりでなく、小さめで歯に沿いやすい部分入れ歯ですので、違和感が少なく、軽量で外れにくい入れ歯です。

部分入れ歯治療を行った場合でも、残った歯をできるだけ長く残すためには、やはり虫歯や歯周病の予防のための歯磨きが重要になってきます。 部分入れ歯の場合は、歯を取り外して洗浄することができるわけですが、取り外した入れ歯も歯ブラシによるブラッシングが大切です。

歯周病や虫歯を引き起こす菌が入れ歯に残ったままでは、口腔の清潔は保てません。 そして、入れ歯を取り外した口の中、残っている歯をきちんとブラッシングすることは言うまでもありません。

脇田歯科では、矯正歯科や入れ歯治療や審美歯科を受診された患者さんについても、予防の重要性をお話して、しっかりとしたブラッシングができるよう、歯科衛生士による指導を行っております。

一宮市で部分入れ歯治療をお考えの際は、脇田歯科にご相談ください。