2014年4月の記事の一覧 脇田歯科

2014年4月の記事一覧

歯周病に対する再生療法に関して

更新日:2014/04/11

こんにちは。歯周病と虫歯の予防を重視する、一宮市の歯医者「脇田歯科」脇田成典です。

再生療法の進歩に伴い、歯周病により溶けてしまった歯槽骨(歯を支える骨)を再生させることができるという研究がすすんでいることが報じられ、たいへん期待していらっしゃる歯周病患者様及びその御家族様もおられると思います。

ただし、その際に現在通常行われている歯周病の基本治療なしに再生療法が成功するわけではないことを、十分理解しておいていただく必要があります。歯周病の基本治療、歯周病のケアにより、歯周組織の慢性炎症をなくし、歯周組織を賦活させることを継続するなかで、その延長線上に、将来、歯槽骨の再生治療の可能性が広がるのです。

過去に歯槽骨を多くなくしてしまい、歯槽骨の再生治療に期待される方も、歯槽骨の再生治療が臨床応用されるようになってから頑張るのではなく、今からコツコツと歯周病治療と歯周病ケアを続けていくことが大切です。

また、歯槽骨の再生治療が臨床応用できるようになったとしても、その必要がないよう、簡単確実に歯周病を治療・予防していくことを、強くお勧め致します。努力は少なくてすむ方が良いです。よりシンプルに治療・ケアできる方が良いに決まっています。